佐賀県の観光 イベント・祭り情報 さが水物語り伝承舎(四の巻)

イベントタイトル さが水物語り伝承舎(四の巻)
イベント期間 2009年1月24日
市町村名 佐賀市大和町
場所 さが水ものがたり館
(佐賀市大和町大字尼寺3247 石井樋公園内)
アクセス 車:佐賀大和ICから約5分
大和ジャスコ前「石井樋入口」交差点を西へ入って嘉瀬川沿いの建物
内容 さが水ものがたり館では、佐賀の誇るべき水文化や治水の偉人成富兵庫茂安の偉業を後世に受け継いでいくことを願って、年間を通して皆で学び合う場を設けることにしました。郷土佐賀の水の歴史、水物語の理解を深める講話会を開催いたします。
●四の巻「抗(あらが)えぬ国土の宿命との戦い」
日 時/平成21年1月24日(土) 13:30~15:00
場 所/さが水ものがたり館
定 員/先着40名様(事前申込必要)
講 師/金子 信二(さが水ものがたり館 館長)
テーマ/「佐賀平野」
広大な佐賀平野が背負った宿命とそこに生きる佐賀の人々の水との戦いを学びます。
参加費/無料
事前申込/事前にお電話にて住所、氏名、年齢、電話番号をご連絡ください。
連絡先/さが水ものがたり館 0952-62-1277
お問い合わせ さが水ものがたり館
0952-62-1277

ワンポイント 佐賀県の観光案内

清水の滝(小城市)
嘉瀬(かせ)川に流入する祇園(ぎおん)川の支流、清水川の上流部にあり、別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれます。幅13mの清流が落差75mの崖を垂直に落ちてくるさまは豪快でありながら、美しさを感じさせます。滝の傍らにある碑は、肥前国主6代鍋島宗教(むねのり)公が大病を患った時、病気平癒を祈願して滝にうたれ凍死した藩士倉永清雄をたたえたもの。この碑は天明7(1787)年に建立されたものですが、そのころから滝みそぎが広まったそうです。古くから、観世音菩薩信仰で有名な滝で、滝壺の降り口にある清水観音宝寺院は滝うけ行の霊場になっています。毎年土用丑の日には大勢の参拝客が訪れます。滝の水は全国名水百選にも選ばれたほどの清流で、その清流にさらされた鯉を使った鯉のあらいや鯉こくなどの料理は小城の名物として知られています。
●交通
 JR駅からの場合…JR唐津線小城駅から、タクシー利用で15分
 マイカー利用の場合…長崎自動車道佐賀大和ICから車で25分
 バス利用の場合…佐賀駅バスセンターから、昭和バス多久・小城・唐津行き乗車、バス停小城下車、タクシー利用で10分
●見学自由
●駐車場 30台無料
●問い合わせ先 小城市商工観光課 TEL0952-73-8813



このサイトに関して
・投稿内の情報は出来るだけ正確なものを掲載しているつもりですが、開催者の予定変更、天候による延期・開催中止の場合があります。必ず、開催者・問合せ先等に確認してください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に観光、イベント、祭りのサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン