佐賀県の観光 イベント・祭り情報 イベントタイトル 2009佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

イベントタイトル 2009佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
イベント期間 2009年10月30日~2009年11月3日
市町村名 佐賀市
場所 嘉瀬川河川敷
アクセス ・森林公園前バス停下車、徒歩10分
・JRバルーンさが駅(臨時)下車すぐ
内容 世界各国から100機を超えるバルーンが参加するアジア最大の国際大会。今年も競技飛行以外にも、動物などかわいい形をしたバルーンを楽しめる「バルーンファンタジア」が同時開催される。また、夜空にバルーンが浮かび上がるラ・モンゴルフィエ・ノクチューンも必見です。
お問い合わせ 熱気球大会佐賀運営委員会 (0952)29-9000

ワンポイント 佐賀県の観光案内

玄海エネルギーパーク(玄海町)
人と自然と原子力を中心に、さまざまなエネルギーとふれあうことができる「玄海エネルギーパーク」。108,500平方メートルの広大な敷地の中に、「玄海PRセンター」「サイエンス館」「九州ふるさと館」などエネルギーをテーマにした興味深い施設が建っています。テニスコートやグラウンドではスポーツもでき、芝生が広がる「太陽のひろば」には各種遊具やじゃぶじゃぶ池があり、お子様も楽しく遊べます。春には満開の桜並木の下で、玄界灘を眺めながら散歩をすることもできます。発電所の廃熱を有効利用した温室、玄海の海の幸・山の幸が豊富な物産販売所「どっ来い承(どっこいしょ)」などの施設も充実。
玄海エネルギーパーク」は、太陽、風、水、四季折々の自然を楽しみながら、エネルギーについて、見て、知って、遊ぶことのできるテーマパークです。
〈サイエンス館〉
原子力発電のしくみや安全性、放射線など、科学のエネルギーについて楽しみながら学ぶことができるのが「サイエンス館」。映像やゲームによってエネルギーのことを体感することができるので、楽しく親しみやすい施設となっています。
地下1階、地上4階の吹き抜けにそびえる、高さ約13m、内径4.5mの全周型実物大原子炉模型を展示した施設は全国初で、原子炉模型に組み込まれた迫力の大画面で、原子炉の働きや原子力発電のしくみをコンピュータグラフィックスを駆使して、わかりやすく紹介しています。また、二人で対戦する「原子力ゲーム」や自分の顔を変形・合成する「ふしぎの世界」など楽しい設備がいっぱい。最上階には玄海展望ルームがあり、玄海原子力発電所や玄界灘の美しい海や島の様子を一望できます。
〈九州ふるさと館〉
「九州ふるさと館」では、九州の人々のエネルギーをテーマに伝統工芸品、民俗芸能を紹介しています。音と映像、照明に凝った臨場感あふれる演出が幻想的です。伝統工芸品のコーナーでは、唐津焼や伊万里・有田焼など九州各県の代表的な伝統工芸品を一堂に展示しています。民俗芸能のコーナーでは「祈る」「競う」「集う」の3つのゾーンで九州各県を代表する祭りや踊りを紹介しています。中央には、佐賀の観光・イベント情報などを発信しているふれあいギャラリーがあり、一角にある高さ2.4m、幅2mの有田焼のからくり時計は必見。
〈観賞用温室〉
玄海エネルギーパークには、発電所の廃熱を有効利用した温室があります。「風景とともにくつろぐ温室」をコンセプトとした「熱帯温室」「ディスプレイ温室」「レストガーデン」など四季を通じてくつろげる空間を演出する「観賞用温室」と、野菜や草花の育苗、イチゴやミニトマトの栽培を行い地域との共生を目指す「温室」があり、憩いのひとときを楽しむことができます。
●交通
JR駅からの場合…JR筑肥線唐津駅から、タクシー利用で約40分
マイカー利用の場合…長崎自動車道多久I.Cから、車で約70分
バス利用の場合…唐津大手口バスセンターより昭和バス・値賀方面・名護屋方面乗車、「玄海エネルギーパーク」バス停下車。
●開館時間   9:00~17:00
●休館日   毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月2日)
●駐車場   乗用車100台 大型バス12台 身障者用3台
●問い合わせ先   玄海エネルギーパーク TEL0955-52-6409



このサイトに関して
・投稿内の情報は出来るだけ正確なものを掲載しているつもりですが、開催者の予定変更、天候による延期・開催中止の場合があります。必ず、開催者・問合せ先等に確認してください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に観光、イベント、祭りのサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン