佐賀県の観光 イベント・祭り情報 イベントタイトル 有田皿山まつり

イベントタイトル 有田皿山まつり
イベント期間 2009年10月17日
市町村名 有田町
場所 有田町内
アクセス JR・MR(松浦鉄道)有田駅下車
内容 窯業関係の企業、商店や有田町各地区の町民が参加して陶磁器産業の発展を願う祭り。お祭り広場が設けられ、多彩な催しが行われる。
お問い合わせ お祭り振興会(有田商工会議所)
0955-42-4111

ワンポイント 佐賀県の観光案内

唐津焼(唐津市)
唐津焼は、楽焼、萩焼と並ぶ「日本三大茶陶器」のひとつ。茶陶とも呼ばれ、昔から茶人に愛されてきました。 唐津(からつ)焼は、唐津市北波多(きたはた)の岸岳(きしだけ)で始まったといわれています。そこに残る古窯跡は、竹を真っ二つに割ってふせたような形から割竹式登り窯といわれていますが、朝鮮半島の技法を伝えるものとのこと。大陸とこの地の関係の深さがわかります。 岸岳を治めていた波多氏断絶後、岸岳古唐津の陶工たちは、豊臣秀吉の朝鮮出兵、文禄・慶長の役(1592~1598)によって連れてこられた朝鮮の陶工たちと共に、松浦(まつうら)古唐津、多久(たく)古唐津、武雄(たけお)古唐津、平戸(ひらど)古唐津を形成していきます。多久古唐津を開窯していた李参平(りさんぺい)は元和2(1616)年有田泉山で磁鉱石を発見。陶器から磁器へと転換し、やがて有田焼を誕生させます。これにより多久古唐津と平戸古唐津は消滅。残った松浦古唐津は唐津藩の御用窯として、武雄古唐津は日常生活雑器を作る民窯として、その技を現在まで伝えています。 唐津焼の魅力は、使うほどに味わい深く、艶やかになっていく使い心地。第一級の茶道具として評価されるのもうなづけます。現在でも飾らないシンプルな絵付け、温かみのあるさわり心地は健在で、50近くの窯元があります。
●問い合わせ先 唐津焼協同組合 TEL0955-73-4888



このサイトに関して
・投稿内の情報は出来るだけ正確なものを掲載しているつもりですが、開催者の予定変更、天候による延期・開催中止の場合があります。必ず、開催者・問合せ先等に確認してください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に観光、イベント、祭りのサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン